美容室は顧客情報の把握が必須!顧客管理ソフトで自動管理しよう

整骨院を始める

施術

始めるため準備

日本では、医業を行う医者以外にも医療分野に関する各種の職業があります。一般的に病院以外では整骨院や鍼灸師などがあり、それらについて自身で職業とする場合にはまず国家試験に合格し、資格を得なければなりません。柔道整復師は、骨や関節、筋肉など外力等が加わった場合に起こる骨折、脱臼、打撲や捻挫などのけがに対し、手術を行わない非観血的療法を用いて行う固定や整復の治療を行う専門家です。医学的な知識として、間の骨や筋肉など身体の仕組みを理解しなければなりません。柔道整復師として職業とするためには、すでに開業している整骨院に勤めることや開業して独立するという二つの選択肢がありますが、その場合でもやはり柔道整復師としての施術の経験が必要となると考えます。独立して開業するためには施術の経験以外にも様々な知識が必要であり、経営者としての資金繰りや開業にあたっての事業計画などの事前準備が最も重要になります。また、実際に接骨院や整骨院を開業するにあたっては開業を行うための手続きを行う必要があり、書類を提出して保健所より承認を受けなければなりません。その際には、柔道整復師としてすでに整骨院などを開設している状態でなければならず、施術所開設届は開設後10日以内に提出しなければなりません。つまり、承認を受けてから開業するのではなく、開設後に届け出を申請して承認を受けなければならないので、事業計画を立てなければなりません。実際に開業する際には、整骨院の開業セミナーなども行われているので、このセミナーを利用することも有効であると考えます。

Copyright© 2018 美容室は顧客情報の把握が必須!顧客管理ソフトで自動管理しよう All Rights Reserved.