美容室は顧客情報の把握が必須!顧客管理ソフトで自動管理しよう

資金を抑えた起業

ミーティング

経営を軌道に乗せる近道

人工知能(AI)が人間社会に浸透してくる今後、大企業では人材からコンピューターへと移行し、これまで人が行っていた作業を人工知能を搭載した機械が担う時代となりました。金融機関では今後人材が3分の1となると言われており、これまで以上に人員整理が厳しくなると言われています。サラリーマンとして就職するも自分に労働環境が合わないという利用で離職する人は多く、自信の経験や独自のノウハウを活かして起業する人も増えました。起業後に経営を軌道に乗せることがもっとも難しいと言われていますが、開業後5年後に経営が続いている企業は開業者全体の5分の1以下と言われています。年数が経過するにつれて残存率が低くなるのです。なぜ、残存率が低いのかと言えば、資金管理とリスク管理が間違って開業してしまうからです。開業前に用意するのが開業資金です。多くの起業家が資金を融資に頼ります。融資を受けると返済がつきもので金利が求められます。他の経費を含めて返済が加わると負担が大きくなり、ビジネスは軌道から外れます。最初に低資金で開業すれば軌道修正も可能です。十分な資金が融資に頼らず用意出来ればよいのですが、そうもいかないでしょう。低資金での開業とは、設備投資費を抑えることです。低資金ビジネスとして代表的なのがフランチャイズ契約ですが、ロイヤリティが高いことや利益率の低さから固定費が上回り、採算が合わないケースも多いです。飲食店ビジネスでは居抜き店舗を上手く活用することで設備投資費が抑えられます。低資金で開業してビジネスが軌道に乗ってから徐々に設備投資を行うことがビジネスを成長させます。

Copyright© 2018 美容室は顧客情報の把握が必須!顧客管理ソフトで自動管理しよう All Rights Reserved.